スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月10日(木)

9月10日(木)大引け


日経平均 10513.67 +201.53
東証2部指数 2306.15 +12.80
TOPIX 958.49 +18.65
日経JQ平均 1248.58 +5.40
東証1部売買高 19.86億株
マザーズ指数 459.72 +11.88
騰落レシオ 94.01%(25日)
HC指数 639.80 +7.50




おいらもやられましたーーーーー!!!!!

(。・ˇдˇ・。)

-70円で終了!!

明日のSQ値で決済しようかと悩みましたが結局引けなり決済でLC・・・・・・・・・・

ナンピンしてのLCだったので痛かった・・・・・・

塾長が負けたらみんな負けるもんなんですね・・・・・・・

まあ仕方ないか・・・・・・・・

明日頑張るぞ!!!!




9月10日(木)

H「日経平均は大幅に反発した。昨日の下落の反動にしては上昇は大きすぎる。」

K「しかし昨日はザラバ150円安となる場面もあり日経平均は10250円割れまであったのだが、今日は一転して10500円超えか・・。SQ直前にこの動きはかなりエキサイティングな動きだな。」

H「ああ。オプションの動き見ると凄いよな。例えば9月物10500円コールは昨日の安値が18円、今日は高値引けで90円だ。昨日の安値から今日の高値まで5倍となった。」

K「たった一泊二日で5倍か・・。昨日の日経平均の派手な下落や、今日の派手な上昇がセットならば凄いよな。つまり計画的に昨日は売り込み、今日は強引につり上げる。まあ市場規模から考えて、狙っても出来る事ではないが・・・。」

H「そうだな。ヘッジファンドなど結構オプションで勝負賭けている向きも多いと聞く。それだけにSQ時は絶好の稼ぎ時だからな。強引なことも当然やってきても不思議はない。」

K「今日の上昇など明らかに不自然だ。昨日の米国市場上昇したとはいえ、為替は円高気味となっているし、今朝発表された機械受注は酷いモンだ。予測を大幅に下回っており、とってもここまで買える数字ではない。」

H「しかし実際は買われた。先物主導と言えるものの、単純にはそれだけでもないようだぞ。銀行株にはしっかりと買いが入っているし、主力銘柄にはオイルマネーが入っているとの観測も出ていた。」

K「確かに銀行株には買い入っているだろうな。買い戻しが・・・。今週叩き売ってきた海外勢が単純に買い戻してきたんだろう。メガバンクはTOPIX寄与度が大きいだけに、もしかすればTOPIX先物に絡んだ動きかも知れないけどな。もちろん自己資本比率問題によって売られてきた面もあるが、中にはSQ絡みの売りも入っているといえるだろう。」

H「それを今日買い戻してきたと・・。」

K「オイルマネーが買ってきているという観測は確かにあるが、本当にオイルマネーかという疑問を抱く向きも少なくない。今はラマダーン中だし、何故このタイミングという疑問もある。まあ別にラマダーン中は絶対に買ってこないとは言えないが、続く買いだと見ている地場者は非常に少ないぞ。」

H「だろうな。ただ今日の動向を見る限り、取りあえず明日のSQ値は高く決まる公算が高まったと言えるだろうな。」

K「そうだな。SQ値安くしたい向きは基本的に今日の上昇でヘッジ買い入れていると思われ、白旗上げた格好だ。それだけに明日のSQ値を無理に下げようとはしてこない可能性が高い。」

H「なるほど。まあ今晩の米国市場によっては多少変わるだろうけど、基本的にはそんな外部要因を無視してでも10500円以上にはSQ値持って行くんだろうな。」

K「まあ最後の最後に再度のどんでん返しがあるかも知れないが、恐らくはそうなるとは思うけどな。まあ、ここまで来れば問題はSQ値より、その後の動向だろう。」

H「そうだな。SQ値で流れが変わることが多いだけに、果たしてSQ後の動向がどういう展開になっていくのか注目だ。」

K「それにしても米国市場は何だかんだ言っても頑張っているよな。ナスダック、S&P500指数は共に年初来高値を更新した。このままダウも年初来高値を更新してくると、日本株の出遅れ感が意識されるかも知れない。しかし問題は為替だ。円高気味だけに、ドル建て日経平均を見ると既に日経平均は今日年初来高値を更新している。」

H「なるほど。確かにそうだな。日経平均の年初来高値は8/26に付けていた。これは円建てもドル建ても変わらない。しかし今日の終値をドル建てで見ると8/26を超えている。」

K「ああ。日本市場の主力プレイヤーは海外勢なだけに、このドル建て日経平均は無視出来ない。」

H「だよな。ドル建て日経平均で見れば、日経平均は既に一年前のリーマンショック直前の株価まで戻しているしな。円建てで見れば、まだまだ戻せていないが・・。」

K「ああ。ちなみに米国ダウはリーマンショック以前の水準には、まだまだ戻していない。つまり日本株に出遅れ感などは無い。」

H「ただ、米国は今回の世界景気悪化の震源地だけに、日本より戻り鈍いのは当然だろ。」

K「まあ、そうだけどな。いずれにしろ円高は日本株にとっては逆風なだけに、更にドル売りの流れ進むと懸念だ。」

H「今日は日経平均これだけ上昇してもドル円相場は殆ど反応していない。つい最近までは連動性も見られたんだが・・。」

K「ああ。それだけに円高懸念は非常に強いと言えるだけに注意するべきだろう。」

H「引け後に先週の投資主体別売買動向が発表された。先週の日経平均は軟調気味だったが、やはり個人投資家はしっかりと買っている。」

K「ほぼ一手買いだな。一方売り手はやはり外国人だな。現物株の売越額は大したことないが、先物の売越額が大きい。また自己売買部門の現物売りが大きいことから、これは裁定解消売りだろうな。実際、先週の裁定買い残は減少している。」

H「なるほど。つまり外国人が先物を売ってきて、それが裁定解消売りを誘い、その現物売りを個人投資家が拾っていったという構図だな。」

K「ああ。今回も個人投資家の逆張り戦法は見事成功したようだな。今週、日経平均はしっかりと戻してきたからな。」

H「日経平均だけでみればな。個別株見れば先週の水準まで戻していない銘柄も多い。」

K「確かに・・・。取りあえず明日のSQどういう結果となるのか注目したい。」


スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

プロフィール

ほぴー

Author:ほぴー
2008年1月から株スタート
最初は100万からスタートし、その後は入金、入金を繰り返して使ってはいけないお金まで投入しあっという間に-400万円ほど。
現在、2009年1月13日より資金50万でスタートし1年で1億目指します!
夢は大きく損切りは小さく・・・・
道は遠い・・・・

気になるあめりか

最新記事
コメントあざっす!
カテゴリ
月別アーカイブ
月別成績
1月 -11万4116円 2月 -145万6246円 3月 +16万3千円 4月 +67万9000円 5月 +91万4000円 6月 +108万7500円 7月 +89万9000円 8月 +143万3500円 9月 +182万9600円 10月 +289万1000円 11月 +414万1200円 12月 +767万9600円(過去最高) 2010年1月+62万2900円
非常に参考になります
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ banner_22.gif
是非1票を!!
いっつも見てるブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

質問、問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯用
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ご訪問感謝致します!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。