スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の話しは・・・・・

H「日経平均は3日続落だ。ここに来てじわじわと調整色強まってきたようだな。まあ過熱感も強いだけに、この程度の調整は許容範囲ともいえるが・・・。」

K「そうだな。ただやはり流れが変わってきたのは明らかだろう。今まで買われてきた銘柄に調整強めているもの目立ってきているし、空売りも買い戻し進んで来ているのは明らかだしな。」

H「ただ、米国市場結構下げた割に、日本株は底堅いとも言える。しかも円高へエラく進行している事も考慮すれば尚更底堅さを感じるが・・。」

K「確かにそれはある。しかも今日などはグローベックス米先物結構軟調だっただけに、もっと警戒され売られても不思議はない。」

H「やはり今までの強い相場の余韻もあるんだろうな。」

K「だろうな。最近までの強い相場に乗り損ねた人が待ってましたとばかりに押し目買いを入れてきたり、空売りの買い戻しも当然下げりゃ入るだけに、底堅さを見せることになる。」

H「ただ先行き懸念は否めないよな。昨日の米国市場の下落要因は小売売上高が市場予測に反して前月比減少となったことが大きい。最近はこの小売売上高も予測より悪くなく、過度な景気悪化懸念も後退気味だった。それが裏切られた格好であり、再び景気先行き懸念強まった格好だ。」

K「まあそれだけで景気悪化はまだ進んでいると決めつけるのは疑問もあるが、取りあえず米国市場も利食い売りや戻り売り出やすい水準だと言うこともあるだろう。企業決算も続々出てくるし、いつ手仕舞いしようかと迷っているところに予測下回る経済指標出たら手仕舞いに動くのも良く解る。」

H「つまり手仕舞いのきっかけになったと・・。」

K「まあそうだな。米国市場だって底堅さは見られていた。ただGSの酷い売られ方見ると懸念もある。知っての通りGSの決算は予測以上の好決算だった。しかし好決算は織り込み済みと受け止められ、公募増資を嫌気して売られたようだ。この動きは正直懸念だな。」

H「その前日にGS株は上昇したが、それ以上に売り込まれたからな。」

K「もちろん最近は上昇基調続けていただけに、それを考えればこの程度の下落は当然だが、最近までの上昇基調もいよいよ終いという懸念を感じると言うことだ。インテル株が決算を受け時間外で大幅安となっていることも同様だ。」

H「インテルの決算は前年同期比大幅な減益ながら市場予測は上回った。しかし時間外で派手に売られている。まあ出尽くしなんだろうけど・・。」

K「4-6月業績の具体的な数字を出さなかったことを嫌気されているようだが・・。いずれにしろこれらの動きを見ると、今の市場には売る材料を探している投資家が非常に多いように思える。つまり多くの投資家が利食い場を探しているんだ。新たな買い場を探している投資家より、手仕舞いのタイミングを探っている投資家が多いと言え、暫く調整色強める前兆とも言えるかもな。」

H「なるほど・・。確かにそれは言えるかも。まあこれから日米共に企業決算も続々と出てくるだけに、上値を積極的に追って

くような相場は確かに想定しにくいけどな。」

K「企業決算がポジティブサプライズ続出というならば、それもあり得るが・・・。」

H「ただ、そりゃ難しそうだな。多くの企業が今期はどうしても厳しい見通し出してくるのは当然だろう。」

K「だろうな。今日ザラバ中に発表した6506安川電機も今期業績は市場予測を大幅に下回る赤字見通しを出してきた。この発表を受け同社株は派手に売り込まれたが、この動きは今後出される輸出企業への決算警戒感を詰めたと言える。」

H「ただ安川電機の今期業績見通しはかなり控え目だとの見方も少なくない。」

K「だろうな。想定為替レートを見ても控え目だと言える。ただ株価は派手に売り込まれた。この動きがやはり警戒感を強めることになる。」

H「それに今後出される他の輸出企業も当然保守的な見通し出してくるんだろうからな。新規買いを検討している投資家は、決算発表で売られる懸念がある以上、今の状況では買わないよな。」

K「ああ。その通りだ。更に言えば、既に保有している向きは決算発表前には一旦手仕舞いしておこうとする投資家も多いだろう。そう考えれば、決算発表一巡するまでは全体的に買われていくのは難しいと言える。」

H「良くて揉み合いか・・。」

K「あとは輸出株は揉み合いで、内需株が中心に買われていけば日経平均も上抜けという可能性もあるんだが、内需企業だって決算警戒感あるだけに、やはり厳しいだろうな。」

H「先週の幻のSQも結局幻のままだし、取りあえず上値取れなくても下値も限定的となれば、まだマシか・・・。」

K「まあ突発的な悪材料でも出ない限り、物色意欲は暫く続くと思われ、底堅さも続くんじゃないか。ただ物色されるのは低位株や仕手株が中心だろうけどな。」

H「しかし低位株物色もそろそろ限界近いんじゃないか。随分と拡がりを見せてきたし・・。」

K「今日は新興市場に物色資金流れている。後場には失速してしまったが、前場は結構幅広い新興市場銘柄が物色されていた。マザーズ市場の売買代金も久しぶりに100億円超えた。低位株物色は物色より新興市場物色の方が質が良いだけに、明日以降も新興市場物色続くようだと面白くなる。」

H「新興市場銘柄は、為替や米国市場など外部要因にあまり影響受けない企業も多いから、物色しやすさはあるかもな。」

K「まあ明日どういう展開となるのか注目だな。」

地場者の立ち話~番外編~より
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

プロフィール

ほぴー

Author:ほぴー
2008年1月から株スタート
最初は100万からスタートし、その後は入金、入金を繰り返して使ってはいけないお金まで投入しあっという間に-400万円ほど。
現在、2009年1月13日より資金50万でスタートし1年で1億目指します!
夢は大きく損切りは小さく・・・・
道は遠い・・・・

気になるあめりか

最新記事
コメントあざっす!
カテゴリ
月別アーカイブ
月別成績
1月 -11万4116円 2月 -145万6246円 3月 +16万3千円 4月 +67万9000円 5月 +91万4000円 6月 +108万7500円 7月 +89万9000円 8月 +143万3500円 9月 +182万9600円 10月 +289万1000円 11月 +414万1200円 12月 +767万9600円(過去最高) 2010年1月+62万2900円
非常に参考になります
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ banner_22.gif
是非1票を!!
いっつも見てるブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

質問、問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯用
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ご訪問感謝致します!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。