スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月19日(木)

3月19日(木)

H「3連休前の日経平均は反落となってしまった。5日ぶりの下落だ。ただ週末だし連騰していただけに、この程度の下落ならば問題はないだろう。」

K「まあな。昨晩の米国市場は続伸となったが、為替が円高進行してしまったのが日本にとっては痛い。」

H「だよな。輸出株は総じて今日は軟調だ。再び1ドル95円台まで突っ込んで来ており、更に進行していくとかなりやっかいとなる。」

K「昨晩のFOMCでは長期国債の買い入れを決定した。前々から期待はされていたが、実際に今回決定に至るとの予測は乏しかった。それだけに、この発表を受け米国株は暴騰した。」

H「FOMC声明出される前までは軟調推移だったからな。それが一気に大幅高となり、ダウは節目の7500ドルも突破し前日比170ドル以上も上げる場面もあった。買い一巡後は上げ縮小してしまったが・・。」

K「まあ確かに株価的には好材料だと言えるよな。ただそれでドルが売られたことはやっかいだ。為替もそれまでは1ドル98円台で落ち着いていたが、長期国債の買い入れ発表を受けドルが急落し95円台まで円高が進んだ。」

H「ちょうど一週間前にもドル円は1ドル95円台まで円高が進んだが、結局翌日には円安に戻していた。今回も同様の動きになればいいけどな。」

K「つまり一時的な円高だと・・。ただ今回はドル売りの理由がしっかりとあるだけに続く懸念は否めない。ドルのショート積み上がっているだけにそう単純に円高進むとは思えないが、果たして98円台まで戻せるかどうか・・。多少戻してその後更に円高へと言う動きも警戒しておく必要がある。」

H「やっかいなのは、ドル安は米国市場によっては日本程懸念される事ではないと言うことだ。」

K「そうだな。ただ極度なドル安は、ドルの信認問題になるだけに懸念となるが、取りあえず1ドル90円前後までは一度通った道だし問題は無かろう。ただ日本は違うぞ。一度通った道だが、輸出株には円安を好感されて安値圏から戻してきている銘柄も少なくないからな。」

H「だろうな。」

K「ただ米国も単純に長期国債の買い入れが好材料だとは言い切れない。それによって昨晩はインフレ懸念が浮上し商品市況が時間外で急騰した。金に原油も先物が上昇しており、更にインフレ懸念強まるようだと米国にもネックとなるかもな。」

H「不況下のインフレ、つまりスタグフレーション懸念か・・・。」

K「まあ、今はデフレ懸念もあるような状況だけに、多少のインフレ自体は問題はないけどな。過度なインフレで無ければ、デフレより余程良い。FRBは当然その辺まで考慮しての事だと思うけどな。」

H「なるほど。いずれにしろ日本にとっては手放しでは喜べない話なのかもな。」

K「まあ取りあえず今月は公的年金買いが支えてくれると思われるだけに、問題はないと言えるが、やはり4月以降だよな。円安気味の状況であれば、多少なりとも期待はあったんだけどな。」

H「ただ為替も円高行くと決まったわけではないし、案外簡単に円安に戻すかも知れないしな。」

K「まあ円高進んだ割りに日経平均は底堅かったと言えるだろう。」

H「そうだな。しかし今日は三連休前だし、新たなポジションは取りにくく、下げりゃ売り方の買い戻しも入るため、結局揉み合いという感じになったんじゃないか。」

K「まあ為替のことも今晩、明日とどういう展開になるのか見極めたいと言うこともあるからな。確かに売り込むにもリスクがある。」

H「今日引け後には先週の投資主体別売買動向が発表された。外国人は依然として売り越しが続いている。相変わらず売り手の筆頭だ。」

K「ああ。そしてそれに対抗するように信託銀行が外国人の売越額を上回る買越額だ。ようは公的年金買いだが、見事に外国人の売りの受け皿になっている。」

H「今月の公的年金の買越額を見ると5400億円程度だ。これを見る限り、今月の買い付け余力はまだまだ十分あるといえる。それだけに年度末は何とか買い支えることが可能だと言える。」

K「楽勝だろう。トンでもない悪材料が米国などで飛び出さなければな。外国人の売りも今週は衰えが明らかに見られているし、問題は無さそうだ。」

H「まあ問題は何度も言うが4月以降の展開だろうな。それは米国市場や為替市場、更に国内の景気対策や株価対策などによって変わってくる。4月以降波乱にならぬよう早急に対策を打ち出すべきだ。」

K「そうだな。ただ懸念がある。今日は市場で米財務長官のガイトナー氏が辞任するのではという憶測が飛び交った。米NYタイムズの報道のようだが、それによって午後にドルが一段と売られた面もあるようだ。万が一これが事実となれば、米国に混乱を招く恐れがある。」

H「だろうな。後任が誰になるかにもよるだろうけど、これほどの早期辞任となれば当然混乱を招く。下手すりゃ米国市場暴落だろう。」

K「単なる憶測で済めば良いんだが・・。とにかくまずは今晩の米国市場どういう展開を見せるのか注目したい。」

地場者の立ち話~番外編~より
スポンサーサイト

テーマ : 日経225先物・日経225mini売買報告
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

プロフィール

ほぴー

Author:ほぴー
2008年1月から株スタート
最初は100万からスタートし、その後は入金、入金を繰り返して使ってはいけないお金まで投入しあっという間に-400万円ほど。
現在、2009年1月13日より資金50万でスタートし1年で1億目指します!
夢は大きく損切りは小さく・・・・
道は遠い・・・・

気になるあめりか

最新記事
コメントあざっす!
カテゴリ
月別アーカイブ
月別成績
1月 -11万4116円 2月 -145万6246円 3月 +16万3千円 4月 +67万9000円 5月 +91万4000円 6月 +108万7500円 7月 +89万9000円 8月 +143万3500円 9月 +182万9600円 10月 +289万1000円 11月 +414万1200円 12月 +767万9600円(過去最高) 2010年1月+62万2900円
非常に参考になります
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ banner_22.gif
是非1票を!!
いっつも見てるブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

質問、問い合わせはコチラ

名前:
メール:
件名:
本文:

携帯用
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ご訪問感謝致します!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。